臨床研修医師ブログ

2020年
カテゴリー:研修医より 2020年2月6日

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

久しぶりのブログ更新です。

下書きを書き終えてから実際に更新するのを忘れてました。


前回の投稿から公私ともいくつかのイベントがありました。

大中先生の投稿にもあったように、昨年の10月には福岡で開催されたレジナビに参加してきました。台風もありましたがなんとか開催され、たくさんの医学生の方に当院の魅力をアピールしてきました。

11月には高エネルギー外傷(交通事故などの、大きな外力が体にかかることで様々な症状を引き起こす命に関わる重大な外傷)の院内勉強会が開催され、実際に救急外来での一通りの処置をデモンストレーションし緊急事態への対応を学びました。

個人的な研修では現在6ヶ月の内科ローテーション中です。


プライベートでは上海、そして話題の香港に行ってきました。下書きを書いているときは香港のデモの様子が連日放送されていたのですが、今では新型肺炎が猛威を振るっています。肺炎が発生する前に行くことができてよかったです。上海は東京にも劣らない大都会で、何不自由なく生活できました。


香港は今、危険な地域というイメージを持たれがちですが、意外なことにいたって平和でした。一時と比べ大分落ち着いたのかと思います。ただ、バス代を現金で払ったらお釣りはないからとぼったくられたり等、随所に「アジア感」を感じました。


1年目も残り2ヶ月を切りました。国試まで1週間を切ったこの時期、1年前の今頃は崖っぷちに追い込まれ毎日勉強していたのを思い出します。去年に負けず、今年も良い年にできたらなと思います。

 


(左から、伊佐、研修担当の下出先生、2年目の大中先生)


(高エネルギー外傷勉強会の様子)


(上海のビル群)

閲覧(278)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]