リハビリテーション室ブログ

その時、私たちに何ができるか。
カテゴリー:研修会・勉強会 2023年11月2日

 八雲総合病院は、救急告示病院として、北渡島檜山圏域24時間365日救急患者を受け入れる体制にあります。(救急告示病院とは、救急隊が搬送する傷病者の収容・治療を行う医療機関のことです。)また、災害拠点病院に指定されており、避難民の診療応援など災害時の医療救護活動においても中心的な役割を担う病院となっています。

 

 多数傷病者事故や大規模災害への災害医療対応について、様々な状況を想定し、病院スタッフが一丸となってチームワークを発揮できるよう訓練する必要があり、リハビリテーション室の中にも災害対策について考える係があります。

 

 先日、災害対策係主催で看護師と一緒に災害対策を考える研修会を開催しました。多数傷病者事故や災害が起こった時に、受け入れる病院内でも自分たちが想定していた以上の状況にあることが分かり、同時に人手が沢山いることも改めて学ぶことが出来ました。

私たちリハビリ職は医師や看護師が行う医療行為を行うことができないため、できる事が限られます。そんな混乱した状況下で私たちがどれだけのことが出来るのか、話し合いの中で沢山のアイディアや意見が出てきて、とても建設的な研修会となりました。

 

 

 事故や災害は起こってほしくない事ですが、「いつ起こるかわからない」事を念頭に置き、病院として、地域に住む病院スタッフとして、災害医療に貢献できるように準備を進めていきたいと思います。

閲覧(546)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]