リハビリテーション室ブログ

「療法士のための吸引研修会」 絶賛開催中!!
カテゴリー:研修会・勉強会 2022年6月3日

 皆さん、こんにちは。言語聴覚士の畠山です。

今回は、現在リハビリテーション室で行なっている院内研修会「療法士のための吸引研修会」をご紹介したいと思います。

 

 吸引とは、様々な病気が原因で咳ができない方に対し、機械を使ってのどに溜まっている痰(たん)を吸い取ることを指します。イメージとしては、細いチューブで痰をとる掃除機のような感じです。

 

この吸引は、誰でも行なって良いものではなく、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は研修を受けなければ実施することができません。当院においては、私たち療法士がリハビリテーションを行なう中で、患者さんに吸引が必要になった時にその都度、看護師に吸引をお願いしなければなりませんでした。この研修会を修了することで、患者さんが苦しくなった時に療法士がすぐに痰を取り除き、リハビリに専念することができるようになります。

 

 当院の療法士は現在36名ですが、今回の研修会は当院で初めてということもあり、その中でも臨床経験の高い療法士10名が受講しています。

 

 講義は、耳鼻咽喉科医 佐々木彩花 先生、総看護師長補佐 畑野恵 看護師長、臨床工学技士 田澤正太 係長の御三方にお願いしました。

 

佐々木先生は口や鼻、のどの構造、吸引を行う際のリスク管理などについて、畑野師長には吸引を行う際の手順や必要物品などについて、田澤係長には人工呼吸器の取り扱いなどについて、それぞれのご専門から吸引に関する知識をお話していただきました。御三方の講義はとてもわかりやすく、時にユーモアもあり、こうしたスペシャリストの講義を自分たちの職場で受けることができる有り難みを感じ、とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。

 

研修はまだもう少し続きます。私たちは、今後も感染症に厳重注意をしながらリハビリテーションサービスの充実・拡充に努めて参ります。

 

閲覧(557)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]