入院から退院の手続きについて

入院の手続き

入院当日は下記の書類をご提出願います。

  • 健康保険証
  • 各種医療受給者証(障害・ひとり親・特定疾患等)
  • 限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証(手続き方法等詳細はこちら
  • 退院証明書(過去3カ月以内に他病院へ入院されていた方のみ)

入院当日は、各外来へお越しください。(受付は必要ありません。)

入院申込書兼保証書は、必要な事項をご記入の上、受付窓口又はナースステーションへお出し下さい。

交通事故、労災、公務災害等の方は入院時に必ず受付窓口にお申し出ください。

入院に必要なもの

病気によっても違いますが、おおむね次の物をご用意ください。

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 各種医療受給者証
  • その他(母子手帳、糖尿病手帳、ペースメーカー手帳など)
洗面用具

洗面器、歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、せっけん、くし、シャンプー、リンス、髭剃り等(ドライヤーはナースステーションでお貸しすることができます)

食事用具

箸、湯呑み、スプーン、エプロン(必要時)等

その他

ティシュペーパー、タオル、バスタオル、スリッパ、下着類、ゴミ箱等

パジャマ

パジャマ等は原則としてご持参できますが、パジャマの貸与も行っておりますのでご希望の方は看護師に申し出ください。(一日につき60円(税別)がかかります)

※オムツを使用される方は、準備をお願いします。

ほとんどの物が院内の売店でも購入できます。

 

手ぶら入院セット

  <手ぶらで、身軽に入院できるセットの導入が平成29年7月1日より始まります >

     

 当院では、患者様が安心して治療に専念できる環境を整えるために、さまざまな取り組みを行っておりますが、患者様・ご家族様から「身の周り品の持ち込みや、準備の負担を軽減したい」などのご要望も多数いただいておりました。そこで当院ではその一環として、入院時に必要になる衣類・タオル類・日用品類を専門業者による高温洗濯付レンタル及び紙オムツ日額定額制サービス「手ぶら入院セット」を平成29年7月1日から導入しますので、是非ご利用ください。
セットの利用をご希望の方、またセットの内容・料金等につきましてはどうぞお気兼ねなく下記にご相談下さい。

●お問い合わせ窓口  八雲総合病院 0137-63-2185 看護管理室 

退院の手続き

主治医から退院許可がでましたら、退院日を家族等と相談の上、看護師にお申し出下さい。

土・日・祝日に退院される方は、入院費の精算ができないため、事前にお知らせした概算金額を受付窓口でお預かりさせていただきます。

預かり金の精算は、平日の午前9時から午後5時の間に預かり書をご持参の上、受付窓口へお越し下さい。精算の上、正規の領収書をお渡しします。

 

退院後の生活

退院しても良いといわれたけれど・・・

退院後に引き続き看護が必要な方(寝たきり・介助を要する方・治療の継続が必要な方で通院困難な方)に対して、看護師が自宅へ伺い安心して自宅療養を出来るように訪問看護を行っていますので、ご希望の方は看護師へご相談下さい。

また、食事について心配な方も栄養指導を行っていますので、ご希望の方は看護師へご相談下さい。

 

入院証明書・診断書など

必要な書類あれば、いつでも看護師へお申し出下さい。
(入院中は病棟看護師へ、退院後は外来看護師へ)

文書料は内容、種類により、1通につき2,000円または4,000円です(税別)

 

保険証等の確認

入院時には保険資格確認のため、保険証等を確認させていただいております。

また毎月1回、25日~28日頃に保険証等受付窓口に提出してください。

入院中に保険証等が変わったと時は、早急に受付窓口にお知らせください。

 

医療相談

安心して入院療養をして頂くために、どんなことでもご相談ください。

  • 医療費の支払いのことや高額医療、各種医療の助成制度について
  • 身体障害者診断書、障害年金診断書等や申請方法について
  • 退院後の療養生活のことや施設入所について
  • その他、誰に相談して良いかわからないことなど
プリンタ用画面

カテゴリートップ
入院・退院手続きについて
次
限度額適用認定証について