ちょっと知ってね!総合病院

八雲町広報の令和3年10月号に掲載された記事を掲載しております。

 

寝てるのに眠たい、なぜ?~睡眠時無呼吸症候群について~

 

寝てるのに眠たい、なぜ?~睡眠時無呼吸症候群について~

 

 しっかり睡眠時間をとっているのに日中眠たい、寝ている時のいびきが大きく途中でとまっていると言われたことがある・・・。
 それは『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』かもしれません。
 まずは簡易検査でSASかどうかを調べ、疑わしい場合は更にPSGという検査で詳しく調べます。
 簡易検査は検査機器を持ち帰っていただき、寝る前にご自身で鼻にチューブと指にセンサーを装着していただきます。
 精密検査のPSGは1泊入院していただき、機器は検査技師が装着します。
 簡易検査との違いは寝ている時だけのデータをとるため脳波を装着し、胸とお腹(呼吸)の動きを調べるためのセンサーをつけます。
 日中眠たいだけでしょ、と思う方もいるかもしれませんがSASは高血圧になったり、心臓にも負担がかかり心不全を引き起こしてしまう可能性もあります。
 気になる方はお気軽にご相談下さい。

    
 
臨床検査技師



タケイ アキコ

武井 亜希子
 
 

 

 

なお、過去の記事については、八雲町ホームページ内の広報バックナンバーのページからご覧になれます。

 

広報バックナンバーのページ

 http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/towninfo/category0005.html

プリンタ用画面

カテゴリートップ
広報活動
次
臨床検査室新聞