沿革

昭和30年  3月 「北海道基幹病院整備計画」に基づき町立八雲病院の設置計画
昭和31年11月 病院新築第1期工事完成
昭和32年  8月 病院新築第2期工事完成
昭和32年  9月 「町立八雲病院」開設許可
昭和32年10月 診療業務開始。内科・外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科放射線科の6科。病床数一般86床
昭和33年11月 伝染病棟併設(15床)。病床数101床
昭和37年  3月 精神神経科を開設。精神科病棟新設(54床)。病床数155床
昭和39年  6月 整形外科開設
昭和41年  7月 一般病棟増築(37床増)。病床数192床
昭和44年10月 精神科病棟増築(20床増)。病床数212床
昭和45年10月 結核病棟増設(20床増)。病床数217床(伝染病床15床含)
昭和46年  3月 小児科開設
昭和56年10月 全面改築工事完成(一般32床・精神26床増)
病床数275床(一般155床・精神100床・結核20床)
昭和56年11月 人工透析室開設及び個人用人工透析装置配置
昭和57年  7月 「地域センター病院」指定。北渡島檜山圏無医地区巡回診療開始
昭和57年  9月 伝染病棟の廃止
昭和62年  3月 増改築工事完成(一般79床増)。病床数354床
昭和62年  6月 改築工事完成(CT室他)
昭和63年  4月 麻酔科開設
昭和63年  5月 皮膚科開設
昭和63年  6月 「八雲総合病院」に名称変更承認
平成 1 年  7月 緊急病院告示指定
平成 1 年11月 結核病棟20床の一般病棟転用承認(一般254床・精神100床)
平成 2 年11月 「人間ドック」開設
平成 7 年11月 シネアンギオ室完成
平成 9 年  7月 リウマチ科開設
平成 9 年12月 災害拠点病院(地域災害医療センター)指定
平成10年  1月 MRI室完成
平成10年  4月 リハビリテーション科開設
平成10年  5月 泌尿器科開設
平成10年10月 精神神経科作業療法室増築工事完成
平成10年10月 院外処方箋発行開始
平成10年12月 脳神経外科開設
平成12年  4月 「指定居宅介護支援事業所」設置
平成14年  3月 診療科目変更(精神神経科を精神科へ)
平成15年  4月 「へき地医療拠点病院」指定
平成15年12月 新棟増築一部共用開始
平成16年  4月 感染症病棟4床完成
平成16年10月 一般作業療法室開設承認
平成16年12月 新棟増築工事完成
平成17年  4月 新MRI室完成
平成17年  6月 「脳ドック」開設
平成18年  7月 一般病床40床の療養病床への変更承認(一般214床・療養40床)
平成19年  4月 言語療法室開設承認
平成19年  9月 新シネアンギオ室完成
平成19年  9月 「臨床研修病院」指定
平成20年10月 循環器内科開設
平成22年11月 マルチスライスCT装置導入
平成24年  6月 院内保育所改築工事完成
平成25年10月 精神科病棟改築工事完成
平成27年10月 中央棟改築工事完成
平成27年12月

一般病床214床から11床減床し203床へ変更
(一般203床・精神100床・療養40床・感染4床 合計347床)

回復期リハビリテーション病棟40床開設

平成29年5月

新正面玄関・駐車場供用開始
グランドオープン

 

プリンタ用画面

前
病院概要
カテゴリートップ
病院について
次
沿革