八雲総合病院の特色

町の病院として

八雲総合病院外観

 一般病棟203床(うち回復期40床)、療養病棟40床、精神病棟100床、感染症病棟4床の計347床を有している病院です。
 平成26年3月より改修工事を開始し、一連の外溝工事を含めて、平成29年5月にグランドオープンしました。

 

救急告示病院と災害拠点病院

 平成元年7月に救急病院告示の指定を受けて、北渡島檜山圏域24時間、365日救急患者を受け入れる体制があります。
 さらに、平成9年には、災害拠点病院の指定を受け、平成12年3月の有珠山噴火の際には避難民の診療応援などの地域医療に貢献しています。

 

訪問診療

 訪問医療室を設置し、訪問医療をはじめ、訪問看護、介護保険のケアプラン作成など、入院患者の退院後のフォローも責任を持つよう心がけています。
 また、リハビリにおいても、作業療法士、理学療法士による訪問リハビリも行っています。

 

巡回診療と出張診療の実施

 八雲総合病院の特徴の一つとして、近隣町への巡回診療(せたな町・今金町)や出張診療を実施していることがあげられます。
 平成9年12月にへき地医療拠病院の指定を受け、近隣の町の病院には標榜のない診療科の医師を派遣することによって、地域医療を守るための役割を果たしています。また、巡回診療は産婦人科・皮膚科・耳鼻科の診療を実施しています。

出張診療の診療科

※各診療科は週1回~2回程度(精神科は月2回~3回)

  • 産婦人科(寿都診療所、せたな国保病院)
  • 外科(熊石国保病院)
  • 精神科(今金町総合福祉施設としべつ)
  • 小児科(今金国保病院)
プリンタ用画面

前
理念・経営方針
カテゴリートップ
病院について
次
病院概要