リハビリテーション室ブログ

柔軟体操は毎日やって!
カテゴリー:リハスタッフの私生活 2022年9月2日

 皆さんこんにちは。作業療法士の中田です。

 先日、オンライン研修会に参加したときに「子供の怪我を予防するためには」というお話がありました。子供の成長期には、骨が成長するにつれて筋肉が伸張され、ゴムが伸ばされたようにパツパツになるらしいのです。骨の長さに合わせて筋肉も長さや緊張度合いを調整するのですが、筋肉に十分な柔軟性が無いと急な伸張で筋断裂や腱断裂、関節周囲を痛めやすいことがわかりました。

そこで重要なのが、柔軟体操(ストレッチング)。「柔軟体操をやらない日を作らない」という言葉が頭に残り、体が硬い我が子達の柔軟体操を強化し始めました。入浴後に行なうようにし、息を吐きながらジワーッと伸ばします。息を吐いた方が体の力が抜けるので、息を止めないことが大切です。

 

ストレッチングの基本は、

①反動をつけない 

②1回を30秒以上持続させる 

③頻回に行なう

ということです。

 

 昔とは違い、携帯電話やタブレットが普及しています。最近は小学生もパソコンを使って授業をする時代です。そのため、長時間の同じ姿勢で猫背になったり、外で遊ぶ機会が減ったりしていますよね。体を動かしてほしいところですが、柔軟体操などのメンテナンスも必要ということなんですね。

 

閲覧(596)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]