リハビリテーション室ブログ

料理生活はじめました
カテゴリー:リハビリスタッフの日常 2020年6月5日

みなさんこんにちは。作業療法士の佐藤理久です。

 

新型コロナウイルスのため外出する機会が減り、家の中で過ごすことが多くなっているのではないでしょうか?私は家での生活をどうにか充実させられないかと思い、最近趣味の一環として料理を始めました。

外出していると外食をすることが多く、栄養も偏りがちになってしまいますが、家にいるとご飯を作る時間があり外出自粛期間中にぴったりの趣味だと思い始めました。自分で作ったことがほとんどなく不慣れな部分もありますがその一部をご紹介させていただきます。

 

作った料理は「肉じゃが」です。

 

材料はこちらです。(人参・じゃがいも・玉ねぎ・しらたき・豚バラ肉)

まずは材料を切っていきます。

じゃがいもや人参の皮むきや食材を様々な大きさに切るという工程がとても大変でした。特にじゃがいもの皮むきは大変で包丁だとじゃがいもが滑ってしまいうまくできませんでした。しかしピーラーを使ってみると簡単で楽に皮をむくことが出来ました。

次に炒める工程です。

炒める順番や火加減に注意しながら行ったのでとても集中力のいる作業でした。

最後に味付けをして煮るという工程です。

思っていた以上に調味料を使い、ちょうどいいあんばいに仕上げるのが難しいと感じました。

完成したのがこちらです。ちょっと薄めで健康的な味でした。

白飯とお味噌汁をつけました。料理を一品作るだけで一苦労だったので、いつも3食作ってくれている方に感謝しなければいけないなと思いました。また料理の作り方を教えてもらうために母親と連絡を取り合うなどコミュニケーションをする良い機会になったと感じました。

 

皆さんも外出自粛期間中に新たな趣味を見つけてみてはいかがでしょうか?

閲覧(515)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]