リハビリテーション室ブログ

元気があれば何でもできる!
カテゴリー:お知らせ 2020年3月5日

理学療法士の佐藤です。

「元気が一番、元気があれば何でもできる」とはアントニオ猪木さんの名言ですが、彼はこうも言っています、「悩みながらたどり着いた結論は、やはりトレーニングしかない」。彼の経歴を紐解くと、プロレスラー、実業家、政治家と枚挙にいとまがありません。社会的活動を精力的に継続されている結果と言えるでしょう。

 

さて、今回の八雲元気塾のテーマは“フレイルを知ろう”でした。フレイルとは、「加齢により心身が老い衰えた状態」のことです。そのまま放置しておくと、生活の質を落とすだけではなく、様々な合併症を引き起こすとされていますが、早く適切な介入(社会とのつながりを持ち、ごはんを美味しく食べ、元気に運動する等)を行えば元の健常な状態に戻る可能性があるともされています(健康長寿ネットより)。

 

アントニオ猪木さんの生き様、すなわちそれはフレイル予防に一致していると感じたのは僕だけでしょうか。彼は、「いつ何時、だれの挑戦でも受ける」というストロングスタイル、通称“猪木イズム”を提唱しています。さあ、闘魂タオルを首にかけて、皆さんもフレイルに卍固めを決めようではありませんか。

 

なお、3月のやくも☆元気塾は、感染予防対策のため中止と致します。

再開については、ブログにてお知らせ致します。


閲覧(430)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]