臨床研修プログラム

プログラムの特色と目標

特色

4万人の医療圏の中で唯一の総合病院であるため、軽症から重症までの豊富な救急疾患研修とCommon Diseaseは頻回に経験でき、多岐にわたる臨床研修が可能である。単独型研修病院であるため、研修医一人ひとりの希望・目標を考慮し、個性を尊重したプログラムである。
特色あるプログラムとして、救急医療は、1年間を通じて診療科のローテーションとは別枠にて、指導医や各科待機当番医のバックアップを受け、当直によるローテーションを組んで対応する。また、地域医療研修についても、当院で実施し、訪問医療・訪問リハビリの実施や外科・産婦人科・精神科を主とし地域国保病院への医師派遣事業の同行、産婦人科・耳鼻咽喉科・皮膚科が実施する無医地区巡回診療に同行し、地域医療を体験できる。

目標

将来の専門分野の基礎となる外来・病棟・救急各部門の診療に適切に対応でき、プライマリケアの基本となる知識・技能・態度を身につける事を目標とする。

 

研修方式

1年次

基本科目である内科6ヶ月、救急3ヶ月、選択必修科3ヶ月のローテーションとし、補完については、2年次の自由選択科研修にて対応する。

救急医療については、当院は毎日多数の救急患者を受け入れているので、1年間を通じて診療科のローテーションとは別枠にて、当直医の指導の元にローテーションを組んで対応する方法である。

選択必修については、外科・麻酔科・産婦人科・小児科・精神科から2科目を選択し、1.5ヶ月行う。
麻酔科研修については、現在、麻酔科医師が常勤ではないため、不在時(月及び火)には、外科医師の行う麻酔を研修し、その他の時間には救急に従事して研修をする。

2年次

地域医療(1ヶ月)、自由選択科研修(11ヶ月)のローテーションとし、選択可能科目については、内科・外科・小児科・産婦人科・整形外科・精神科・循環器内科・地域医療が可能となっている。

救急医療研修については、1年次と同様、診療科ローテーションとは別枠で、指導医や各科待機当番医のバックアップを受け、当直によるローテーションで対応する。
地域医療研修は、当院が実施する

1.訪問診療

2.外科・産婦人科・精神科を主とした地域国保病院への医師派遣事業

3.産婦人科・耳鼻咽喉科・皮膚科が実施する無医地区巡回診療

4.訪問リハビリテーション

5.訪問栄養相談指導

6.訪問服薬指導

7.予防医療の実践としてのドックの判定

8.職場健康管理の実際

を研修する。

地域医療研修は、介護老人保健施設で研修内容を体験理解し(期間は1週間)、保健所では地域医療総論について研修し、保健所の役割を理解する(期間は3日間)。

 

研修内容

1.総合診療方式

2.選択科の期間は、各専門科でのローテーション研修とする。

 

研修評価方法

研修開始にあたり、各研修医に自己評価を行わせる。
指導医は、随時自己評価表を点検し、研修医の到達目標が達成されるように援助するとともに、研修終了後評価を行う。

 

プログラム終了の認定

研修を終了した時点で、病院長は臨床研修管理委員会の意見、研修医からの一般的目標達成のための行動目標自己評価を参考に終了を認定し、認定証明書を発行する。

 

臨床研修分野ごとの研修期間(基本形)

  1年次 2年次
研修分野 研修分野
4月 内科 地域医療
5月 自由選択

内科・循環器内科・外科
整形外科・小児科・精神科
産婦人科・地域医療
6月
7月
8月
9月
10月 救急
11月
12月
1月 選択

外科・麻酔科・小児科
産婦人科・精神科
2月
3月

 

後期研修

当院の職員として、希望の診療科に所属して研修する形をとっている。

 

プログラム責任者からのコメント/中島幸治(精神科部長)

初期研修はプライマリ・ケアに対応するための基本的技能、知識、態度を修得することばかりでなく、病歴聴取、身体診察から診断推論をする思考過程の修得の時期です。研修医の皆さんが1症例1症例を大切に確認しながら研修を行えば必ず目標に到達できるように指導医としてサポートします。
当院は症例が豊富ですので頻度の高い疾患は繰り返し経験することが可能なため2年間でプライマリ・ケアの修得が可能ですし、地域に密着した病院ですので地域医療の研修を自在に構築することもできます。また、幅広い経験を積むことが可能となるプログラムを提供したいと考えており、将来志望する科目での専門的な研修を希望した場合、状況に応じ大学病院と連携し短期研修も可能です。
将来、当院で研修を受けたことを胸を張って言えるような医師になってくれることを願いながら、細やかであたたかく、時には厳しく指導を行い、「教えることは学ぶこと」をモットーに、ともに成長していきたいと考えています。

 

研修医からのコメント/西田 千尋(2年次初期研修医)

 当院は北渡島檜山地域の中核病院であり、圏内唯一の総合病院のため、急性期、慢性期を問わず幅広い症例を経験できます。自分の希望に沿った形で研修プログラムを組むことができ、専門的分野については相談のうえ、連携病院での短期研修が可能です。研修中はマンツーマンでの指導を基本としており、また各診療科の垣根がないため相談しやすい環境が整っています。希望があれば学会や講習会に参加することも可能です。福祉面も整っており、困ったことがあればすぐ相談に乗ってもらえるため、充実した研修を送ることができます。
 是非、当院に見学に来てください。


 

研修医からのコメント/布施 武彦(2年次初期研修医)

 八雲総合病院は道南北部の広い地域をカバーするセンター病院であるため、幅広い疾患を診る機会に恵まれています。また、研修医の人数が少人数のため指導医からマンツーマンでの指導が受けられます。
 当院では、1年目は内科・外科・救急を中心に、2年目は1ヵ月間の地域医療と各自が希望する診療科を自由に選んで研修できます。また、コメディカルも充実しており、わからない時でも丁寧に教えてくれるなど、病院全体で研修医を支える体制が整っています。研修内容も定型化していないため、個人に合わせて研修できるなどのメリットがあります。
 自然豊かでおいしい食べ物がある八雲に是非、来てください。

プリンタ用画面

前
臨床研修のご案内
カテゴリートップ
臨床研修について
次
平成31年度 初期臨床研修医募集要領