栄養管理室ブログ

3月が旬のあさりの豆知識
カテゴリー:今月のまめ知識 2019年3月5日

 日本各地の貝塚(縄文時代のゴミ捨て場)から貝殻が出土していることから、あさりは大昔から食用とされてきました。春の産卵を控えたあさりは身が肥えて美味しいのでおすすめです。

 あさりには、特有の旨み成分のコハク酸、身体の機能を調整する働きのあるビタミンB2・B12、鉄、肝臓の働きを助けるタウリンが豊富に含まれています。

特に悪性貧血の予防に有効なビタミンB12の含有量が貝類の中で最も多く、5~6個で1日の所要量の1/3を満たせます。このビタミンは水溶性なので、溶けでた汁も食べられるように調理すると良いでしょう。

閲覧(290)
コメントを書く
タイトル
コメント
絵文字を入れる ⇒ ニッにっこりシュンエッ!?ん?フフッげらげらむぅべー  [もっと...]