総看護師長からのメッセージ

総看護師長からのメッセージ

菊池祐子総師長
総看護師長 菊地祐子

看護部では病院理念・看護部理念・方針のもと、患者様に信頼される看護を提供できるよう皆で力を合わせ取り組んでいます。
お一人お一人の患者さまの「思い」や「願い」に寄り添い、「生きる力」を守り、支えていきたい。これが、八雲総合病院看護部の思いです。

一人一人の看護職が自分の持てる力を発揮し、生き生きと働き続けられる職場でありたいと願い、看護部として、共に成長していきたいと考えています。
地域の皆様のご期待に応えられるよう精一杯努力していきます。

「八雲総合病院でいっしょに地域医療を守りませんか」

当院は、北渡島・檜山管内においての地域センター病院としての役割を担っております。

「人口の高齢化」や「人口減少」は間違いなく進んではいますが、この地域は農業、酪農業、漁業が栄え、「のどかな田園風景」や、「海の向こうに見える山々」などの風景は心を癒してくれる、とても住み良い町です。
また、この地域で「生まれ」、「育ち」、「学び」、「働き」、そして「人生を締めくくる」大勢の方達が暮らしておられます。

体調を崩した時、急病にかかった時、ケガをした時、「身近に」、「気軽に」、そして「安心して」、「頼れる」八雲総合病院であり続けたいと願っています。

中でも患者さまの一番近い場所で、「寄り添い」、そして「支えたい」と願っている私達看護師に期待されている役割は大きいと感じております。
社会が大きく変化する中で「効率的」「効果的」な医療が求められ、それに応える努力も含め、日々「学び」を深め、そして経験を積み重ねていきませんか。

プリンタ用画面

カテゴリートップ
看護部
次
看護部 理念・活動方針